Search Results

グッド・バイ (Good-Bye)

Read by ekzemplaro


Osamu Dazai


『朝日新聞』に連載予定だったユーモア小説「グッド・バイ」が未完の遺作となった。奇しくもこの作品の13話が絶筆になったのは、キリスト教のジンクスを暗示した太宰の最後の洒落だったとする説(檀一雄)もある。(ウィキペディア) In the spring of 1948, he was…

こころ (Kokoro)

Read by ekzemplaro


Sōseki Natsume


語り手は、鎌倉の海岸で、先生と知り合いになる。東京に戻ってからも度々、先生の家を訪ねた。先生は、苦悩持っていた。先生の友人Kが、先生が若い頃に自殺をした。先生は、毎月、その友人の墓を訪ねていた。  語り手が、大学を卒業し、父の病の為に帰省したままで、東京に戻れない時、先生からの遺…

ごん狐 (Gon gitsune)

Read by ekzemplaro


Nankichi Niimi


「ごん狐」は、新美南吉(1913-1943)が18歳の時に「赤い鳥」に発表しました。 度々、小学校の国語教科書に採用され、多くの日本人が知る童話です。 一人ぼっちの「ごん」は、やはり、一人ぼっちになった「兵十」との交流を願います。 しかし、「ごん」の期待に反して、悲劇的な結末を迎…

杜子春 (Toshisyun)

Read by ekzemplaro


Ryūnosuke Akutagawa


『杜子春』(とししゅん)は、芥川龍之介の短編小説。1920年(大正9年)に雑誌『赤い鳥』にて発表された。中国の古典、鄭還古の『杜子春伝』を童話化したもの。 (ウィキペディア) Toshisyun was published on Akaitori (a magazine for …

幼年童話 (Yonen Dowa) Part 1

Read by ekzemplaro


Nankichi Niimi


新見南吉は、1935年の5月頃、約30本の幼年童話を書きました。しかしそれらは、編集者に受け入れられませんでした。彼は、50本程の幼年童話を書きました。ほとんどは、死後に発行されました。この幼年童話集は、そにうち、25本を含みます。 NIIMI Nankichi wrote a…

二百十日 (Nihyakutouka)

Read by ekzemplaro


Sōseki Natsume


『二百十日』は夏目漱石の小説である。明治39年10月、雑誌『中央公論』に発表され、その年12月、『鶉籠』に収録されて出版された。阿蘇山に登る、2人の青年、圭さんと碌さんの2人の会話体で終始する小説である。語られるのはビールや半熟卵を知らない宿の女とのやり取りや、道すがらの鍛冶屋の…

坊っちゃん (Botchan)

Read by ekzemplaro


Sōseki Natsume


物理学校を卒業した坊ちゃんは、松山の中学へ、数学の教師として赴任する。さっそく、同僚にあだ名をつけた、校長は、狸。教頭は、赤シャツ。数学の主任は、山嵐。赤シャツの子分の画学の教師は、野だ。赤シャツに許嫁を奪われかかっている英語の教師は、うらなり。うらなり先生は、九州の延岡へ転勤さ…

赤いろうそくと人魚 (Akai Rosoku to Ningyo)

Read by ekzemplaro


Mimei Ogawa


Red Candles and a Mermaid, the masterpiece of OGAWA Mimei (1882-1961) appeared on The Newspaper Tokyo-Asahi in 1921. A mermaid was raised by…

コーカサスの禿鷹 (Caucasus no Hagetaka)

Read by ekzemplaro


Yoshio Toyoshima


豊島与志雄 (1890-1955) は、『レ・ミゼラブル』や、『ジャン・クリストフ』の翻訳で知られている。しかし、多数の児童文学の作品を書いている。多作で、青空文庫には、300タイトル以上が登録されている。『コーカサスの禿鷹』は、禿鷹が一番高い山を探し求める話である。最後に、高い…

風立ちぬ (Kaze Tachinu)

Read by ekzemplaro


Tatsuo Hori


信州の高原で、作家を志す青年と、絵を描く少女が出会った。やがて、二人は婚約する。しかし、少は、肺の病に落ちる。療養の為に、少女と青年は、信州のサナトリウムに行く。しかし、少女は帰らぬ人となってしまう。そして、一年後、青年は少女と出会った村で、冬を過ごす。 A love story…

めぐりあひ (Meguriai)

Read by ekzemplaro


Shuusei Tokuda


友吉は少年です。彼の家族は、お父さん、お母さん、妹そして、赤ん坊です。彼等は、彼が5歳になるまで、お母さんの故郷に住んでいました。そして、東京に移りました。お父さんは大酒飲みです。ついに、お母さんは、赤ん坊を連れて、実家に帰ってしまいました。お父さんと2人の子供は、お父さんの故郷…

永日小品 (Eijitsu Syohin)

Read by ekzemplaro


Sōseki Natsume


これは、夏目漱石の随筆集です。1909年に朝日新聞に連載されました。東京での日常生活、ロンドンでの経験などが含まれています。 This is a collection of essays by Natsume Soseki. They were published in the…

ふるさと (Furusato)

Read by ekzemplaro


Tōson Shimazaki


著者の2冊目の童話集、自分の子供に語りかける形で記述している。その為、著者の父は、お祖父さん、母は、お祖母さんになっている。著者が9歳まで暮らした馬籠の様子が描かれている。馬、鳥、木などが擬人化され、著者と話をする。最後は、9歳の時に、中山道を東京に向かったことが書かれている。 …

草枕 (Kusamakura)

Read by ekzemplaro


Sōseki Natsume


漱石の熊本時代の体験を元にした小説。主人公の画家は峠を歩いて越えて、山中のひなびた温泉、那古井を訪ねる。そこには温泉宿がひとつあり、客は主人公だけであった。非人情の旅である。宿のお嬢さん、那美さんに色々と驚かされる。最後は那美さんらと共に、川舟に乗って、那美さんのいとこの久一さん…

野分 (Nowaki)

Read by ekzemplaro


Sōseki Natsume


「野分」は、明治末、路面電車と人力車が走っていた東京が舞台です。3人の作家を巡る物語です。白井道也は、地方の中学を3つやめてから、文筆で、世を覚醒することを志します。高柳周作と中野輝一は、大学を卒業したばかりの同級生です。高柳君は、貧しく、中野君は裕福です。白井道也が、中野君を取…

隣の嫁 (Tonari no Yome)

Read by ekzemplaro


Sachio Itō


農家の次男である省作は、最近、家で農作業をするようになった。その為、稲刈りなども、他の者と較べて遅い。隣家と共同で稲刈りをした時、隣家の嫁である「おとよ」さんが、助けてくれた。「おとよ」さんは、仲人に欺かれた形で、嫁に着たが、隣りの、省作に段々と引かれていく。 省作も「おとよ」さ…

恩讐の彼方に (Onsyuu no kanatani)

Read by ekzemplaro


Kan Kikuchi


A samurai story of revenge. Ichikurou killed his master. He got away from Edo (Tokyo) with his lover. They became burglars. Then he became a…

硝子戸の中 (Garasudono uchi)

Read by ekzemplaro


Sōseki Natsume


『硝子戸の中』(がらすどのうち)は、『こゝろ』と『道草』の間に書かれた夏目漱石最後の随筆である。 'Garasudono uchi' is Natsume Sōseki's last essay, which was written between 'Kokoro' & …

春の潮 (Haru no Ushio)

Read by ekzemplaro


Sachio Itō


「隣の嫁」の続編。千葉県北部の九十九里近くの農村が舞台。省作が養子に行ってから、隣の嫁のおとよは、実家に帰る。省作も、戻ってしまい、二人の間には、恋心が燃え上がる。しかし、またおとよに、縁談話が持ち上がる。おとよは、それを断るが、実家の父が大変怒りおとよは、苦しい毎日を送る。最後…

路上 (Rojyoo)

Read by ekzemplaro


Ryūnosuke Akutagawa


英文科の学生、俊介は、小雨の中に、若い女を見かける。一週間後、同人誌「城」の音楽会で、その女性と再会する。俊介の友人、野村のフィアンセ、初子のいとこで辰子と紹介される。そして、また数日後、電車の中で再会する。更に、野村の代役として、初子、辰子と3人で、精神病棟を見に行く。This…

1 2 3 4 5 6 >